次世代エイジング成分 AC-11配合

美肌もダイエットも健康も、これ1本で!

美容ドリンク kirei Preparation

kirei
scroll

19種類の美容成分を1本に凝縮!

  • ポイント1
    最新美容成分画像
    最新美容成分「AC-11」配合

    エイジング効果、コラーゲン生成力の促進が期待できる、注目の成分。

    もっと詳しく
  • ポイント2
    こだわりの配合バランス画像
    こだわりの配合バランス

    素材が最大のパワーを発揮できるように、組み合わせと品質を重視して配合。

    もっと詳しく
  • ポイント3
    素材は植物や食物由来で安心画像
    素材は植物や食物由来で安心

    世界中から厳選した19種類の素材は、植物や食物由来だから、安全&安心。

    モニターレポートを読む

特徴1

エイジング効果
エイジング画像
  • point1
    細胞レベルに働きかける「AC-11」

    南米アマゾン原産のハーブ、キャッツクローから抽出したエキス。紫外線や活性酸素でダメージを受けたDNAを修復促進し、エイジングやコラーゲン生成力の促進、病気の予防などに働くと注目を集めています。

  • point2
    オールマイティの美容成分「プラセンタ」

    胎盤エキスのプラセンタは、アミノ酸やタンパク質・脂質・糖質の三大栄養素はもちろん、ビタミン・ミネラル・核酸・酵素などあらゆる栄養素が含まれています。美肌はもちろん、風邪の予防や疲労回復まで、幅広く力を発揮。

  • point3
    さらに17種類をプラス!究極のドリンク

    ヒアルロン酸、核酸(DNA)、コエンザイムQ10、ローヤルゼリー、L-カルニチン、アルファリポ酸、N-アセチルグルコサミン、さめ軟骨コンドロイチン硫酸、フィッシュコラーゲン、コラーゲン、ナイアシン、ビルベリーエキス、オリゴ糖、エラスチン、ビタミンB1・B6・B12、ビタミンC。全部で19種類を贅沢に配合!

ご購入はこちら

特徴2

こだわりの総合力
独自開発の高品質素材画像
さまざまなトラブルや悩みを
抱えている人にこそオススメ

肌のシミ・しわ・くすみが気になる、疲れやすい、疲れがとれにくい、脂肪をなんとかしたい、ひざや関節の動きをスムースにしたい、目も疲れやすい――19種類もの成分が入っているから、いろいろな悩みに働きかけます。

理想的な曲線美を追究してこだわりのパターンを描く画像
高田幸宏博士監修
最大のパワーが発揮できる組み合わせ

細胞のダメージを修復して、肌の再生やエイジングをサポートするほか、病気を寄せ付けない元気な身体づくり、ダイエットや便秘の改善も期待できます。カラダをサビから守ってくれるドリンクなのです。

FIT ARTのここがスゴイ! One Point!

4段着圧のモミ技を実現!履いているだけで爽脚リフレッシュ!

onepoint画像

アマゾンで伝統的なハーブティとして飲まれてきた
キャッチクロー。
この植物成分の中に、DNAを修復促進に関わる成分があ
ると、30年以上研究が続けられてきました。
1994年にはWHOが「副作用のない抗炎症植物」とし、
アメリカFDAでも成分を実証しています。

ご購入はこちら

特徴3

Kirei Preparationの
おいしいレシピ
ジュース
矢印アイコン 矢印アイコン
静脈還流って?画像

ドリンクを同量の水で割ってどうぞ。他に、炭酸水や隣保ジュースなどで割ってもおいしい! 冬はお湯で割ってホットドリンクにしてみては。

フルーツゼリー
矢印アイコン 矢印アイコン
静脈還流って?画像

ドリンクと倍量のジュースを沸騰させて、寒天を加えて煮溶かし、冷蔵庫で冷やし固めます。りんご・オレンジ・パイナップル・野菜ジュースがおすすめ。

シャーベット
矢印アイコン 矢印アイコン
静脈還流って?画像

ドリンクと倍量のジュースを混ぜて、冷凍庫で冷やすとシャーベット風に。炭酸水で割ったものを冷やす固めるとサクサクの食感の氷菓ができあがります。

  • 疲れた時に、もうひとがんばりする時に、1本お飲み下さい。
  • エイジングとして、美容の為に継続的に飲む方は、1日1/3本を目安としてお飲みください。
ご購入はこちら

会社概要

お客さまに選ばれ続ける理由
  • 飲んだ翌日に、お肌のハリとプリプリ、つるつる感には凄く感動しました。
  • 朝起きて飲むと、お通じもすっきりで、ビックリです。三日で1本で良いのも魅力です。
  • 19種類の栄養素(αリポ酸、ギムネマ、Lカルニチ、コラーゲン、プラセンタ、オリゴ糖など)や細胞修復促進成分(AC-11)が魅力的です。美味しく、とても飲みやすいです。
会社概要画像
このページのトップへ